監督:イ・ドンハ|韓国語|日本語、英語字幕|98min|2016|韓国|製作:チングサイ、バンダル

韓国のゲイコーラスグループの姿を捉えたドキュメンタリー『ウィークエンズ』 東京初上映

歌うことが好きなソウルのゲイたちが集まるG-Voice。毎週末、ともに支え合いながら練習に励む。恋愛やカミングアウト、友情についてうたい、たまにはふざけたり泣いたり。そしてときにはセクシーに。

保守的な政権下での差別や偏見にも屈せず彼らは、政治的な関心を強め、労働組合との交流など活動の幅をひろめていく。

練習後や飲み会などで行われるインタビューでは、メンバーが韓国でゲイとして育った経験や生きることについて赤裸々に語り、コーラスの仲間との信頼の強さもうかがえる。

劇中で10周年を迎えるG-voiceはオリジナル曲や活動を通し、現代の韓国のゲイたちの苦悩や喜びを明らかにしていく。

 

監督:イ・ドンハ
韓国・釜山出身。大学では美学を専攻し、2009年よりG-Voiceのアニュアルコンサートや活動を記録。 彼は「正直な記録というものは相反する世界を明らかにし、他とは違う注目すべき瞬間を捉え、見過ごしがちな人生の価値に気づかせてくれる」ということを信じている。『ウィークエンズ』は初長編ドキュメンタリーで、現在はゲイコーラスをテーマにした劇映画のプロジェクトを計画している。

weekendshibiya.jpg

日時:2018年5月3日(木)2:30PM
会場:東京・日比谷図書文化館コンベンションホール
入場:¥1500.


上映後Q&A(解説):植田祐介さん