Back to All Events

Queer Visions 2019

クィア実験映像を上映するQueer Visions を京都で開催します!今年は「時間の痕跡」というテーマのもと、ゲストに90年代から映画を撮り続ける崟利子さん、台湾を拠点にする実験映像作家ジェイ・トライアンギュラー 、ドラァグクイーン/アーティスト/アクティヴィストなどの顔をもつブブ ・ド ・ラ ・マドレーヌさんをお迎えし、上映する作品やそれぞれの活動についてお話をうかがいます。 上映するのは、崟利子さんの2作品、日本では鑑賞機会のすくないヨネモト・ブラザーズがマイク・ケリーと制作した不気味な映像、ここ3年以内に発表された北米の多様な文化とストーリーを垣間見ることのできる短編4本です。


9月22日
13:00 - 18:00(2回休憩あり)

会場:同志社大学 寒梅館クローバーホール
京都市上京区烏丸通上 立売下ル 御所八幡町103

入場料:500円〜1000円
主催:Queer Vision Laboratory|Normal Screen
協力:新千歳空港国際アニメーション映画祭 | C.I.P. Books
* 日本語以外の言語の作品には日本語字幕つき

 
Screen Shot 2019-08-13 at 4.40.04 PM.png
Screen Shot 2019-08-13 at 4.41.17 PM.png
 

ゲスト:
崟利子(たかしとしこ)
ブブ ・ド ・ラ ・マドレーヌ
ジェイ・トライアンギュラー

____ プログラム1|崟利子特集 ____ 
上映作品
Blessed ―祝福―』(2001|78分|日本)
ほか崟利子短編作品

*上映後に監督の崟利子さんをお迎えしお話をお聞きします。

【監督のことば】『Blessed ―祝福―』は、前作『西天下茶屋・おおいし荘』のふたりを、再び4年後に訪れた〈ある日〉から始まった映画です。 当初は、その日いちにちの「かなわぬ思い」をかたちにしようと考えていたのですが、その後映像を重ね愛が連なっていくうちに、いちにちだけの切ない思いであったはずのものが、時をとり戻し広がりを持ち、大きく、映画そのものをも変えてしまいました。それは“祝福”という題名に見守られながら、映画が出来上がっていく「不思議」を見る毎日でもありました。 また私は、見ることは匂いや肌の感触と同じく、個人的な感覚(体験)の領域であると思っています。この映画を観る人の気持ちが登場人物の表層の姿でとどまらず、映画を突き抜けて、また観る人の心に戻っていけば良いとも思っています。 私自身、映像の中に、まだ見ぬ自分を見つけることが多々あるからです。
山形国際ドキュメンタリー映画祭ウェブサイトより

___ プログラム2|短編集 Here and Now ___
上映作品
ホール・ワールド・イズ・ワッチング:REACTIVATING THE ARCHIVE』(ジェイ・トライアンギュラー|2019|14分|アメリカ、台湾|日本プレミア)
ジーン・カロルムストとアレクサンドラ・ユハスがビデオアクティヴィズムについて語る。

ビトウィーン・アス・トゥー』(タン・ウェイ・キョン|2017|5分|アメリカ、シンガポール)
ゲイの息子が外国から死んだ母へ語りかける。

ダイクバー・ネヴァー・ラスト』(ステイシー・メッケンジー|2018|6分|アメリカ|日本プレミア)
アメリカから消えゆくレズビアンバーについて歌う別れの曲。

ビンダーバン(夜明け)
(アマンダ・ストロング|2018|19分|カナダ|日本プレミア)
カナダ・オンタリオ州郊外。楓の樹液採取の儀式を取り戻す使命をえた1万年生きる妖怪と若い人間を描くストップモーションアニメーション。

*上映前に『ホール・ワールド・イズ・ワッチング』を制作した J Triangular さんに解説をしていただきます。

____ プログラム3 ____
上映作品
Kappa』(ブルース&ノーマン・ヨネモト with マイク・ケリー|1986|26分|アメリカ)
日本の河童の言い伝えにエディプスの神話をメロドラマのトーンで絡め、喪失と欲望の言説を浮き上がらせる日系アメリカ人 ヨネモト兄弟の代表作。奇妙な河童を2012年に逝去したアーティストのマイク・ケリーが演じ、女優/アーティストのメアリー・ウォロノフも出演している。

*上映後、ブブ ・ド ・ラ ・マドレーヌさんをお迎えし、本イベントで上映される作品やブブさんの幅広い活動、そして現在関心のある事がらや制作中の作品などに関してお話いただきます。


Images courtesy of Spotted Fawn Productions, Electronic Arts Intermix, J Triangular, Tan Wei Keong, Alex Albers and Toshiko Takashi.